高濃度エキスと普通の有効成分の比較、化粧水について

化粧水に加えるのは水やエタノール、BGとPGであることが基本です。

その中にエキスや有効成分、防腐剤などを添加します。

化粧水の比較情報選びをサポートします。

普通の成分(ビタミンやカテキンなど)や植物エキスと『高濃度エキス』を比較すると効き目や即効性が違います。
化粧水は医薬品に当てはまらない限りは徐々に作用していきますが、継続して使わないと実感は得にくいです。

普通の成分や植物エキスでは効果が薄いからと言えます。


しかし、高濃度エキスをたくさん配合した化粧水だと、効き目が明らかに違うのがポイントです。
高濃度エキスは比較的、即効性があります。



例えば濃縮した卵殻膜エキスは肌に弾力を与える作用に優れていて、痛々しいニキビ後やくっきりと見えたクレーターの修復にも働きかけるのが強みです。



普通の成分ではニキビ後とクレーターに作用するまでに速くても一週間、遅くて一ヶ月は必要としますが、濃縮した卵殻膜エキスは短期間で効果を示します。
また、濃縮していない通常の卵殻膜エキスを塗布しても、効果を実感するまでに時間を必要としますから、注意すべきです。
濃縮したエキスと比較すると効き目は劣りますが、化粧水に添加すると余計に力が弱まります。

理由は簡単ですが、エキスが薄くなってしまうからです。

しかし、高濃度の卵殻膜エキスを化粧水に添加しても、量によっては効果の減少を最低限に抑えることができます。


皮膚をきれいにしたり、トラブルを解決したいなら、濃縮されたエキスを使うとメリットは多いです。