化粧水は比較して選ぶ

スキンケア用品の基本である化粧水は、肌にとって大切な一品です。

そのためにも、選び方には気を付ける必要があります。

化粧水の比較についての情報はこちらです。

そして化粧水の大切な要素として保湿力があげられます。この保湿力を確かめるためにも、まずはいろいろな商品を比較してみることが大切です。
試供品や売り場にテスターなどがある場合は、上腕の内側など皮膚の柔らかい場所に化粧水を塗ってみて、肌になじませてみしょう。その後15分ほど経過した後の肌の変化を観察します。
その時に肌が潤っていると感じたら、それは保湿力が高いということです。

ポイントは15分ほど経過した状態を観察することです。


つけてすぐは潤っていると感じるのが当たり前です。
きちんと浸透しているかを確かめるためにも、ゆっくり15分ほど経過を見るようにしましょう。
比較の際には、成分表も大事なチェックポイントです。保湿成分がたっぷり入っているかどうかのチェックとともに、分子量を小さくする工夫がされているかどうかも重要です。ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分は、そのままだとどうしても分子量が大きく、肌の奥深くまで浸透しません。



ナノ化・アセチル化といった技術を用いて、分子量をミクロ化している化粧品は、肌の奥深くまで浸透しやすくなっているのです。



高いから効果が高いということは確かにそうとは言えますが、効果である上に少量ずつ使用しているようでは実はあまり効果が得られない場合が多いのです。

そのためにも、コストパフォーマンスも比較して、安くてもたっぷり使用できる化粧水を選択するということも有りなのです。